*

MOOVER(ムーバー)仮想通貨ICO案件の一番分かりやすい説明

公開日: : 最終更新日:2018/02/18 MOOVER, 良質ICO案件

今、MOOVER(ムーバー)という全く新しいサービスが注目されているようです。
MOOVER(ムーバー)をこれから利用していくことで、世界的な問題の解決策にもなると言われています


ところでMOOVER(ムーバー)とは一体どんなサービスなのか?
私たちにどんなメリットがあるのかを調べてみたので、分かりやすく紹介していきたいと思います。








 

目次


・MOOVER(ムーバー)とはどんなサービスなのか?


・MOOVER(ムーバー)を使用するメリット

・MOOVER(ムーバー)で出来るサービスの具体例

・MOOVER(ムーバー)は世界の情報格差を無くす?

・MOOVER(ムーバー)のトークンMOVEトークンとは?

・MOOVER(ムーバー)に対するツイッターの反応!

・MOOVER(ムーバー)は買いなのか?

・MOOVER(ムーバー)フェーズ1終了

・MOOVER(ムーバー)フェーズ2はどこが変わったの?

・MOOVER(ムーバー)の登録は簡単

・MOOVER(ムーバー)のまとめ

 

 

MOOVER(ムーバー)とはどんなサービスなのか?

2017-11-23_162157

 

MOOVER(ムーバー)とは、
世界中のモバイルユーザーのモバイルデータ通信を売買する新しい形のシェアリングエコノミーサービスです。

個人が持て余している、資産を貸し出したり・提供に介入してくれるのが、シェアリングエコノミーですが、今回はこのサービスをモバイルデータ通信に応用しているようです

シェアリングエコノミーは、ここ数年で急成長していますよね
例えば タクシーや一般の車を配送可能にする、ライドシェアサービスのUberの企業価値は約5兆6000億円

空き部屋を宿泊施設として提供している、LyftのAirbnbは企業価値が約3兆3660億円

この2社は、まだ10年にも満たない企業でこれだけの成長を遂げ、今やトップ企業に押し迫る勢いなのが分かります。

MOOVER(ムーバー)はこれからの時代の新しい仕組みに大きく貢献することは間違いないと私は思っています
しかも遠い未来の事ではなく、今から数年と現実的な話です

 

MOOVER(ムーバー)を使用するメリット

2017-11-23_162609

 

MOOVER(ムーバー)を私達が使用するメリットとしては、先ほど紹介した
モバイルデータ通信量のシェアによる利益&経済の安定化
です。

世界的に問題視されている情報格差の原因は様々ありますが、一つは発展途上国等での所得の低さから引き起こされています

彼らが今よりも安所得に見合った価格でデータ通信量を購入する事が出来れば、この問題も改善されます。
身近な私達では、データ通信量が足りない人が安く手に得れる事が出来き、そして提供する側は今までに発生することはなかった利益が得られるという双方にメリットがあります

 

MOOVER(ムーバー)で出来るサービスの具体例

2017-11-23_162300

MOOVER(ムーバー)のモバイルデータ通信シェアリングの具体例を紹介したいと思います。

①Ⅹさんはあまりデータ通信をせず、毎月1GBの通信量が余っています
②Yさんは毎月データ通信量が足らずに、契約している会社から割高な値段で通信量を買っていて、経済的に悩んでいます

ここで、MOOVER(ムーバー)のシェア二ングエコノミーが役に立ちます。

③ⅩさんはMOOVER(ムーバー)を通して簡単に、Yさんに余った通信量を売買します
④Yさんはいつもよりも格安で通信量を手に入れることが出来ます


Ⅹさんは利益が、Yさんはデータ通信量を安く抑えることが出来るので、お互いにメリットを得ることが出来ます

ここで気づいた方もいるかもしれませんが、これまでの話だとモバイルユーザーとMOOVER(ムーバー)だけが得をしていて、
モバイルデータを提供する会社にはメリットはないのではないか?

むしろ追加のデータ通信量の需要が無くなるのでデメリットの方が多いのではないか?と考えてしまいますよね。
疑問に思い、MOOVER(ムーバー)の公式ホワイトペーパーを詳しく見ていると、提供する会社にもメリットがちゃんありました
MOOVER(ムーバー)はこのサービスを行うにあたり、事前にに各データ通信を提供する会社に報酬を出すそうです。

さらには、世界的に各会社のサービスを広めていくことで、新規顧客を増やしていき今以上のメリットを与えることが出来ます

これなら、

「モバイルユーザー」

「MOOVER(ムーバー)」

「データ通信会社」

それぞれがメリットを受けることが出来ますね。

 

MOOVER(ムーバー)は世界の情報格差を無くす?

2017-11-23_162453

現在、世界的に問題視されているのが「デジタル・ディバイト」、つまり情報格差の問題です

モバイルデータ通信は世界的に使われていますが、国・地域によっては固定回線のインターネットはほとんどと言っていいほど普及されていないようです

先進国では当たり前の事でも、発展途上国等では、満足に情報を得る事さえも困難なのですね
例えば、アフリカの地域ではモバイルデータは60%と半分以上ありますが、これが固定回線になると1.3%になってしまいます。

通信環境が満足に整っていない所が多く、モバイルデータが100%の国でも、固定回線は50%以下のところがほとんどなのが現状のようです

モバイルデータ通信だと、通信量に制限があるので、たくさんの情報を得る事ができません
それじゃあ追加で通信量を購入したらいいのでは?と思うかもしれませんが、

先進国と違い、ほとんどの人が月決め料金ではなく少額のチャージ式でモバイル通信しています
所得が少ないのにもかかわらず、データ通信量は高いので、最低限でしかチャージ出来ず、結果的に満足に情報を得ることが出来なくなってしまいます

新しい情報や正しい情報を得る機会が減るほど、ラジオ等の一方的な偏った情報しか得れなくなってしまい、簡単に情報操作をされてしまい、正しい判断が出来なくなります

実際に、アフリカではHIVやAIDSに対する誤った情報が広がってしまい、結果的に感染症が拡大。
多くの防げるはずだった被害が出てしまいました

このような誤った情報の広がりを防ぐためにも、情報の平等化やその為の環境が必要なのですね。

解決策の一つとして、モバイルデータ通信量の格安提供が挙げられています
そこでMOOVER(ムーバー)は、余った通信量を、

このような人達にも経済的に無理なくシェアする事で、今よりも情報を多く得る機会が増えて、情報格差の溝も少なくなっていくと考えられています

過剰に余っているGBを効率的に経済に活かすだけではなく、世界の情報格差を無くす目的もMOOVER(ムーバー)にはあるようです

 

MOVER(ムーバー)のトークンMOVEトークンとは?

2017-12-02_173035

ICOとは、MOVER(ムーバー)の開発費や研究費を調達する方法。
IPO(新規株式公開)と考えてもらって大丈夫です

IPOは誰でも見られるわけではなく、抽選なので限定されるといった面がありますよね
ですが、ICOなら登録しておけば誰でも見ることが出来て、少量から気軽に購入が可能に、
手に入れた時点で未公開株の上場後に値上がる可能性が高いといった特徴があります。

・MOVEトークン

MOVEトークンの入手方法としては、

・デポジット
・インセンティブの付与(アカウント登録や、初回取引時など)

利用方法としては、

・余剰GBの購入
・通信キャリアの利用料支払い
・マーケットプレイスで利用(有料コンテンツやサービスの利用、又は端末や付属品の購入など)

モバイルデータ通信のシェアだけではなく、これから一般的に使うことが出来るサービスの一つになる予定です

また、スマホからも簡単に確認出来るようにUI(ユーザーインターフェース)を採用しています。

2017-11-23_162632
 

利用可能な残GBを一目で確認できる

・予想モバイルデータ通信消費量の閲覧ができる

といった利点があります。

さらにMOOVER(ムーバー)はエアドロップを採用しているので、保有分から何パーセントかの報酬が手に入ります

一般的には、アーリーバードボーナスの方が多いと思いますが、MOVER(ムーバー)は参加者と継続的に関わっていきたいという感謝の気持ちとして採用しているのだそうです。

具体的なエアドロップのスケジュールとしては、こちらです

 

・フェーズ1 開始.2017/12/1
終了.2500万USD到達後に、24時間継続されます
フェ―ズ1で作成されてたMOVEトークンの10%が終了後1ヶ月以内にエアドロップされる。

・フェ―ズ2 開始.2018/2/1
終了.1500万USD到達後に、12時間継続されます。
フェ―ズ2で作成されてたMOVEトークンの7%が終了後1ヶ月以内にエアドロップされる。

・フェ―ズ3 開始.2018/4/1
終了.1000万USD到達後に、即時終了します。
フェ―ズ3で作成されてたMOVEトークンの5%が終了後1ヶ月以内にエアドロップされる。

 

 

・MOOVER(ムーバー)に対するツイッターの反応!

 

 



・MOOVER(ムーバー)は買いなのか?

2018-01-25_223720

MOOVER(ムーバー)…個人的にとても「買い」だと感じます。
「なぜ買いなのか?」その理由を説明していきたいと思います。

まず、MOOVER(ムーバー)のサービスはとても現実的で実現性・実用性が高いことです。

シェアリングによるサービスはここ数年急成長しており、その方法を応用したやり方は、結果が早く確実性があります!
モバイルデータ通信のシェアは多くのスマホユーザーに大きなメリットがあり、今後サービスが始まれば需要は高まります。

それこそ時代の新しい仕組みになると言っても過言ではありません
また、2018年秋には仮想通貨取引所への上場が確定しています! そうなると、間違いなくトークンの価値も上がりますね。
以上の点で私はMOOVER(ムーバー)MOVEトークンは買いだと言えます

 

・MOOVER(ムーバー)フェーズ1終了


MOOVER(ムーバー)のフェーズ1が無事に終了しましたね
なんと13日間縛りだったのにかかわらず約28億円の資金調達に成功しました!
MOOVER(ムーバー)のICOに期待はしていましたが、正直ここまで勢いがあるとは本当に驚きです

次回フェーズ2は、2018年2月1日の12時からスタートします
フェーズ1で乗り遅れた方もまだまだチャンスはあるので、先に登録だけでもしておきましょうちなみに、フェーズ1に比べてエアドロップは低くなりますが、それでも7%はあります。
フェーズ3では5%まで下がってしまうので、始めるなら早めがいいですね フェーズ1終了後に購入待ちの登録者の方が3000人を超えているそうなので出遅れないようにしましょう。


・MOOVER(ムーバー)フェーズ2はどこが変わったの?


現在、2018年2月1日からMOOVER(ムーバー)のフェーズ2が始まりましたが、前回のフェーズ1とどこが変わったのか?このことについて簡単に説明したいと思います。

・トークン発行数が約半分に減った
・1人あたりのトークン購入金額が増えた

トークン発行数は、フェーズ1だと2500USD販売されていましたが、フェーズ2になると40%も少ない1500USDとなっています。

なので、フェーズ1でまだまだ大丈夫!と参加していた方もフェーズ2ではいつの間にかに達成金額に到達してトークンを購入出来ない可能性もあるので注意しておいた方がよさそうです

トークン発行数は減りましたが、逆に1人あたりのトークン購入金額が増えました。
フェーズ1終了後、多くの参加者から「1万USDは少なすぎる!もっと上限をあげてほしい!」という要望がMOOVER(ムーバー)に多く寄せられたようで、今回フェーズ2は1万USDから→5万USDに上限が緩和されています。

この2点がフェーズ2からの変更点です。
上限緩和などの、変更点を上手く生かして自身の資金を増やしていきましょう

 

MOOVER(ムーバー)の登録は簡単




2017-12-02_173139
・MOOVER(ムーバー)の登録方法は簡単です

 

①メールアドレスの登録をする

②送られてきたメールを確認して、リンクを開く

③名前、生年月日、好きなパスワードを登録する

④2段階認証登録をして終了。

今度、MOOVER(ムーバー)の登録は増えていくと予想され、今なら簡単に登録出来ますが、いずれ規制がかかり登録するのが難しくなると思います。

なので、確実にMOOVER(ムーバー)を始めたい方は、早めに登録することをおすすめします

 

MOVER(ムーバー)のまとめ

2017-12-02_173159

 

MOVER(ムーバー)は、世界中のモバイルデータ通信をシェア出来るという画期的なサービスでした。
また、MOVEトークンという独自のトークンもあり、ICO投資に興味がある方は今のうちに手に入れておいた方がよさそうです
今では当たり前となっている仮想通貨ビットコイン。有名になる前から所有していた方々は、何倍もの価値が上がり数年で1億、2億円という資金を作り上げています

実際に、このMOVEトークンも同じような波があるのではないか?と注目されているようですよ。
まだまだ穴場のICO案件なので、始めるなら今がチャンスなのかもしれませんね

MOOVER(ムーバー)登録無料

 

 

最新良質なICO案件の情報を発信しています!
次に来るICO案件とは?事前登録など、ポチっとお気軽に友達追加をどうぞ

友だち追加 

 

 

ボーナス80%!!「金」プロジェクトあなたも参加しよう!

関連記事

1

UNIZONユニゾン仮想通貨ICOのトークン・上場の一番分かりやすい解説

今、Unizon(ユニゾン)というICOが話題になっているようです。 なんとUnizon(ユニ

記事を読む

1

LODE(ロード)仮想通貨ICO案件の一番分かりやすい説明!事前登録受付中

今回は、「LODE(ロード)」のICO案件について詳しく紹介していきたいと思います。 これまで、私

記事を読む

1

Firop(フィロップ)仮想通貨ICOのやさしい説明♪上場や登録方法

Firop(フィロップ)というICOが現在、話題になっているようです。 話題になっている理由は

記事を読む

1

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)仮想通貨ICOが一番分かる説明

今、Fountain Connect(ファウンテンコネクト)というサービスが注目されています。 F

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1
Firop(フィロップ)仮想通貨ICOのやさしい説明♪上場や登録方法

Firop(フィロップ)というICOが現在、話題になっているようです。

1
UNIZONユニゾン仮想通貨ICOのトークン・上場の一番分かりやすい解説

今、Unizon(ユニゾン)というICOが話題になっているようです

1
LODE(ロード)仮想通貨ICO案件の一番分かりやすい説明!事前登録受付中

今回は、「LODE(ロード)」のICO案件について詳しく紹介していきた

1
Fountain Connect(ファウンテンコネクト)仮想通貨ICOが一番分かる説明

今、Fountain Connect(ファウンテンコネクト)というサー

2017-11-23_162157
MOOVER(ムーバー)仮想通貨ICO案件の一番分かりやすい説明

今、MOOVER(ムーバー)という全く新しいサービスが注目されているよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑