*

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)仮想通貨ICOが一番分かる説明

公開日: : 最終更新日:2018/03/15 Fountain Connect(ファウンテンコネクト), 良質ICO案件

今、Fountain Connect(ファウンテンコネクト)というサービスが注目されています。
Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は、世界的に問題が挙げられている「寄付」についての解決策となるプロジェクト!

詳細はこちらから

 

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は一体どんな便利なサービスなのか?
私たちや寄付をする人達にどんなメリットがあるのか?などを詳しく調べてみたので分かりやすく紹介したいと思います。

また、ICO案件に興味がある方もFountain Connect(ファウンテンコネクト)はインセンティブ報酬が最大30%と魅力的なICOです。最後までご覧いただけると幸いです。



目次

・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)とは?
・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)のメリット
・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)の特徴
・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は寄付問題を解決?
・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)のトークンFTCについて
・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は買いなのか?
・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)の登録方法
・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)のまとめ

 

・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)とは?

1

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)とは、「寄付活動に透明性と確実性を持たせる」プロジェクトです

今現在、実際に寄付活動とは寄付金を払い一応参加してはみるものの、そのお金がどのように動きちゃんと役に立っているか私たちにはほとんど分からない状況です。
それに加え、寄付をする場合、支援者が銀行に手数料を払い企画者に預けなければなりません
この2つは寄付の世界で重大な課題と言われていて、支援者の不安、不満、新規支援者の妨げになっています
なので、寄付の世界は便利に快適になっていく世の中でまだまだ発展途上と言われています。

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は、独自の人工知能AIを使い今までよりも便利に快適に寄付をすることが出来ます。

・今まで分かりにくかった寄付活動の透明感と確実性

・寄付をする時の銀行手数料の撤廃

先ほど挙げた寄付の世界の重大な課題2つをクリアし解決してくれます

これによって、寄付したお金の動きが分かり今までの寄付の情報不足が解決、銀行手数料の撤廃によってより多くの寄付支援者が増えていくという事が予想されています
「寄付をもっと身近に社会に浸透させ、寄付活動を時代にマッチさせる」寄付について世界で初めて真剣に向き合ったプロジェクトがFountain Connect(ファウンテンコネクト)です。


・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)のメリット

2

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は寄付する支援者にとって今までに無かったメリットがあります。
分かりやすく簡単にメリットを要点でまとめてみました

 

・寄付金がちゃんと使われているか分かる
・不正に寄付金が使われない
・寄付の際に銀行手数料がいらない
・分かりにくい寄付活動がなくなる
・支援者に決定権が与えられる

今まで寄付活動といっても、正直寄付されたお金がどのように動いているのか分かりませんでした。
あなたも次のような経験はありませんか?

街中やWEB上で寄付活動をしていて、なんとなく寄付をしてみたものの実際にはそのお金は有意義な活動に生かされているのか?正直分かりませんよね
実際に起きている問題で、寄付されたお金が不正に使われていたり、活動自体が嘘だったりするケースも多いのが事実です。

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)に採用される独自のプラットフォームを利用することで、
寄付されたお金の動きが視覚化され、不正利用などがなくなります
また、支援者にそのプロジェクトを開始するかの決定権が与えられる為、分かりにくい寄付活動がなくなり支援を受ける国の為の寄付活動が出来るようにあります。
銀行手数料も撤廃されより多くの支援者、寄付金が集まる考えです


・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)の特徴

3

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)のホワイトペーパーを見ると分かると思いますが、説明が複雑で分かりづらく多くの特徴があるので、分かりやすく一つ一つ説明していきたいと思います。
それではまず、この寄付活動のシステムにおいて必要不可欠なプラットフォームについて紹介していきます

 

Layla(レイラ)独自プラットフォーム

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は、Layla(レイラ)という独自のプラットフォームが採用されています。
それでは、Layla(レイラ)の特徴を分かりやすく要点別に紹介します

 

・情報が正確

・人工知能「Io(イオ)」が監視

・独自のストックウオレット採用

・銀行手数料の撤廃

 

Layla(レイラ)で寄付を行うと、今まで不透明だった寄付金の動きが分かるようになります。
具体例には、寄付活動が常に不正が行われていないか、「Io(イオ)」という人工知能がプラットフォーム内で稼働します
この人工知能「Io(イオ)」が、企画者の計画書どうりに進まなかった場合などに不正と判断し全閲覧者、支援者にアラートで呼びかけ資金転送を一時的に停止して人工知能「Io(イオ)」と支援者からの質問責めに合う事という動きになっているようです

これは正直凄くいいなと思いました。
企画者は勝手な行動をする事が出来ず、不正を行うことがかなり難しくなります
これによって寄付活動が好循環し、寄付に対する価値が今よりもよくなり、結果的には援助を受ける側・支援をする側のどちらの不満も解決され、よりよい寄付活動の世界が生まれますね。

 

Layla(レイラ)の順序について

 

1.企画者がLayla(レイラ)にプロジェクトを申請する

2.プロジェクトの寄付募集が開始される

3.支援者はトークン購入後に独自ウオレットに転送する

4.募集金額80%以上で開始!そうでなければ全て返却される

5.プロジェクトの開始

6.人工知能「lo(イオ)」が常時監視

7.期間中に投票システムで続行するか判断

8.プロジェクト完了(評価投票をする)

 

エスクローウォレット

Layla(レイラ)の順序で、「支援者はトークン購入後に、独自ウォレットに転送する」とあります。
これは支援者が企画者に寄付金を預ける場合、一度エスクローウォレットという独自のウオレットに保管されます。
エスクローウォレットを使う利点は、企画者が提案したプロジェクトが寄付募金額に到達しない場合、エスクローウォレットから支援者に全て返却されることです!

この独自ウォレットを使うとによって、もしもプロジェクトが開始されない場合でもちゃんとお金は無駄にすることなく返ってきます。 今までは寄付活動が実際に行われなかった場合には、返金などなかったので、支援者にとって安心出来るサービスですね
また、プロジェクトが再開される場合は企画者&支援者にすぐ通知されるのだそうです。

DAG基礎基盤

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)の技術基盤にはDAGが採用されています。 (DAGとは、Directed Acyclic Graphの略)

DAGは、仮想通貨に使われているブロックチェーンに変わる新技術でIOTA(イオタ)などで採用されています。

拡張性に優れている構造なので多くの情報処理をすることができます
Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は、これをGROWTHと呼称。 DAGの利点は、多くの情報処理を出来るだけではなく情報処理における料金がかからない事です

 

投票システム

投票システムとは、今まで紹介してきた寄付活動の決定権のことです。
「支援を人任せにしない」のが目的。

多くのトークン保有者や寄付額が多い人が優勢ではなく、あくまで1人=1票という形で進行をコントロールされるリスクがなく正当に判断されます
これによって、企画者の独占ではなく、支援者によって価値がある寄付活動が出来るようになります。

評価システム
評価システムとは、寄付活動の関心を高めるためのシステムです。
「承認欲求」を満たすことが目的。
成果の高いプロジェクトに参加した支援者には評価ポイントが与えられます!


支援者の中から多くのリーダーを出したいというFountain Connect(ファウンテンコネクト)の考えで、リーダーが支援するプロジェクトは信頼性が高くなり、認知が早くなります。
この2つのシステムによって、企画者はよりよいプロジェクトを、支援者は意義の高いプロジェクトに参加することになり、寄付の世界に好循環が生まれます。

 

企画者が事前に学ぶ2つのNote

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は、「寄付活動と事業経営は同じ」と話しています。
企画者には、e-learning(インターネットを利用した学習形態)をプロジェクト申請時に受けてもらうようになっているようです
Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は、この事をNoteと呼び、企画者の意識向上として2つのNoteが用意されています。

Noteマーケティング・・「支援者が支援をしたくなる仕組みづくり」について何が必要で何が実現可能なのか、情報を明確にしていきます。

Noteガバナンス・・寄付活動の不祥事防止や、倫理の向上を目指します。これによって企画者と支援者の意識が共有して進むと考えられています。

 

・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は寄付問題を解決?

4

先ほども紹介しましたが、寄付活動は現在世界的に問題となっています
寄付は実態が見えずに不安、そして寄付金の不正利用など信頼性がとても低いのが現状です。
なので、寄付の世界はまだまだ発展途上だと言われています

実際問題で、寄付活動では「支援をする側とされる側のミスマッチ」が大きな課題になっています
これは、支援される側が求めていないものを一方的に送られたりしているのです
その結果、使われていない支援物資が倉庫に保管されたままに…

援助漬けという言葉は聞いたことがあるでしょうか?
これは、過剰な支援で支援される本人たちの自律神経を失わせているのだそうです
よく「支援される人間が批判されたりしますが」実際には、寄付活動の統治が出来ていなく、支援団体の方が問題があると思います。

また、寄付をする際の銀行手数料も問題に取り上げられています。
銀行手数料があることによって、少額の寄付や寄付自体の躊躇いなど多くの機会損失がありました
銀行手数料は年間8億ドルと言われています。

もしも年間8億ドルを、国連や国境なき医師団の活動費にした場合

国連なら

・1人に栄養価の高い給料を1年間届ける事が出来る(45ドル)
・1年間に300人の栄養強化ペーストを届ける事が出来る(毎月9ドル)

国境なき医師団なら

・使い捨てワクチンを1140本(27ドル)
・200人分のはしかワクチン(45ドル)
・294人分の髄膜炎ワクチン(90ドル)

銀行手数料を撤廃するだけで、多くの命を救う事が可能になります。


・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)のトークンFTCについて

5

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)で発行されるトークンの名称は「FTC」です
Fountain Connect(ファウンテンコネクト)のサービスが今後活発に
なることに比例して価値が上がっていきます。
すでに上場が年内に決定しているので、FTCトークンの価値が上がる可能性は高いと思われます

そして、Fountain Connect(ファウンテンコネクト)ではICO段階を3ステージに分けて段階ごとにインセンティブ(達成報酬)を受ける事が出来ます。
Fountain Connect(ファウンテンコネクト)のインセンティブは毎ステージごとの目標額に応じて増えていくというICO投資者にはワクワクするとって嬉しい仕組みになっています

 

ステージ1  1月15日に開始
最低額400万ドル※
※ステージ1のみ最低金額が設定されているようです
(期間)15日間→延長最大20日間
・インセンティブ報酬
500万ドルの場合、15パーセント
700万ドルの場合、20パーセント
850万ドルの場合、25パーセント
1000万ドルの場合、30パーセント

 

ステージ2 3月1日に開始
(期間)15日間→延長最大20日間
・インセンティブ報酬
500万ドルの場合、13パーセント
700万ドルの場合、16パーセント
900万ドルの場合、20パーセント
1250万ドルの場合、25パーセント

ステージ3 4月15日に開始
(期間)15日間→延長最大20日間
・インセンティブ報酬
500万ドルの場合、10パーセント
800万ドルの場合、13パーセント
1200万ドルの場合、16パーセント
1750万ドルの場合、20パーセント

ステージ1に関しては、最大30%のインセンティブが貰えると高い設定になっていますね。
ただ、ステージが進むにつれて報酬額が減っていきますので、ICOに参加して多くの報酬を受け取りたいと考えている方はステージ1から参加するのが一番いいと思います
それでも各ステージ、最低でも10パーセント以上のインセンティブが設定されているので、参加する価値は十分にあると言えます。


・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は買いなのか?

2018-01-25_205845

正直言うと、「買い」です!

では、なぜ買いなのか?説明していきたいと思います。

まず、非常に実現性が高いプロダクトであること!
レイラを中心にしたプロダクトは実現性に高く、難解といわれるハードルがありません
他のICOと比較してもトークンの設計が価値向上しやすいものとなっています。
世界中の社会貢献団体(NPO、NGOなど)と提携が進んでいるので、バックアップ力が大きく信用性もあります

また、2018年9月には確実に仮想通貨取引所に上場するので、間違いなくトークンの価値が上がります。
以上の点で、私は自身をもってFountain Connect(ファウンテンコネクト)のICO案件は素晴らしく、買いのトークンと言えます。


・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)の登録方法

6

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)の事前登録は2018年1月12日の17時から開始しています

登録方法はとても簡単なので、早めにしておきましょう。

①まずはFountain Connect(ファウンテンコネクト)の登録サイトにアクセスします。

②「Fountain Connect(ファウンテンコネクト)サイトで「FTCトークンを購入する」をクリックします

③一番下のページまでスクロールして「事前登録受付中」をクリックします

④メールアドレスを入力して、「登録」をクリックします

⑤Fountain Connect(ファウンテンコネクト)から届いたメールのURLをクリックします

⑥氏名、生年月日、パスワード設定などの各項目を入力して、日本語を設定して「登録」をクリックして完了です!

また、Fountain Connect(ファウンテンコネクト)では2段階認証も設定出来るので、もし設定する方は次の通りの手順で行うと出来ます

①Fountain Connect(ファウンテンコネクト)のサイト内「マイアカウント」をクリックします

「2段階認証」をクリックします

③QRコードを認証アプリで読み込みます

④認証アプリに表示される6桁の数字を入力します

「2段階認証を有効にする」をクリックします

⑤2段階認証の設定完了です!

2018年3月1日からは、Fountain Connect(ファウンテンコネクト)のプレセールステージ2が始まりますので、早めに登録しておきましょう。


・Fountain Connect(ファウンテンコネクト)のまとめ

7

Fountain Connect(ファウンテンコネクト)は、寄付の世界問題の解決策になりそうです。
寄付にたいする関心が今よりも広がり、寄付を受ける側・寄付をする側の両方がwin-winの関係が築けます
このサービスが早く浸透して、より多くの命を救う事が出来るのを願いたいですね。

また、ICO案件としても最大30パーセントの報酬が貰えるなどとても魅力的だと言えます
まだまだあまり知られていないICO案件ですが、これから間違いなく流行っていくサービスなので早めに手をつけておきましょう。
Fountain Connect(ファウンテンコネクト)の登録はこちら

関連記事

1

UNIZONユニゾン仮想通貨ICOのトークン・上場の一番分かりやすい解説

今、Unizon(ユニゾン)というICOが話題になっているようです。 なんとUnizon(ユニ

記事を読む

1

LODE(ロード)仮想通貨ICO案件の一番分かりやすい説明!事前登録受付中

今回は、「LODE(ロード)」のICO案件について詳しく紹介していきたいと思います。 これまで、私

記事を読む

2017-11-23_162157

MOOVER(ムーバー)仮想通貨ICO案件の一番分かりやすい説明

今、MOOVER(ムーバー)という全く新しいサービスが注目されているようです。 MOOVER(ムー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1
UNIZONユニゾン仮想通貨ICOのトークン・上場の一番分かりやすい解説

今、Unizon(ユニゾン)というICOが話題になっているようです

1
LODE(ロード)仮想通貨ICO案件の一番分かりやすい説明!事前登録受付中

今回は、「LODE(ロード)」のICO案件について詳しく紹介していきた

1
Fountain Connect(ファウンテンコネクト)仮想通貨ICOが一番分かる説明

今、Fountain Connect(ファウンテンコネクト)というサー

2017-11-23_162157
MOOVER(ムーバー)仮想通貨ICO案件の一番分かりやすい説明

今、MOOVER(ムーバー)という全く新しいサービスが注目されているよ

上西星来1
上西星来は彼氏熱愛!?扶桑中出身で高校は○○○!上西恵と従姉妹だった

WBC中継合間で流れた三井住友銀行のCMに出ている、女の子が「めっちゃ

→もっと見る

PAGE TOP ↑